大内くみ子の「これでいいの?茨城県」 日本共産党茨城県委員会 副委員長 大内くみ子(久美子)の公式ブログです。
「弱い立場の人にこそ政治の光を」の思いを原点に、日本共産党水戸市議・茨城県議を40年。子どもの医療費助成や少人数学級など、住民の願い実現の力になってきました。

2011年05月

★「宣伝コメントの書き込み」が多数のためコメント欄を休止致します。
 お問い合わせ等は「問い合わせ」からお寄せください。
★ブログ内の広告はlivedoorの広告であり、日本共産党の政策・見解や賛同を示すものではありません。

水戸市長選・市議選へのご支援・ご協力ありがとうございました

開発優先から福祉・防災のまちづくりへ全力を尽くします

5月29日に行われた水戸市長選挙に日本共産党の公認で立候補した稲葉のぶとし候補は、7,511票(得票率7.63%)を獲得して善戦・健闘しました。

東日本大震災と福島第1原発事故により、市政のあり方が問われるなかでの選挙となりました。
大工町再開発に36億円の税金投入か、市民のくらし・福祉優先か、東海原発の20km圏内の水戸市として原子力発電依存を続けるか、「原発ゼロ」をめざしてエネルギー政策の転換かを求めてたたかいました。
論戦では市民の要求とかみ合い、共感と支持を広げることが出来ました。

水戸市議選では、旧内原地域が合区となって全市1区の初めての選挙で、定数2減の28議席を6名オーバーする34人が争う選挙となりました。
田中まさき候補、なかにわ次男候補、江尻かな候補の3名が激戦を勝ち抜き、議案提案権を維持しました。
東日本大震災の当日から、被災者救済と支援に全力で取り組み、17,000を超える家屋の損壊、市役所も使用できなくなるなどの被害が出るなか、市民の暮らしには目を伏せ、民間のホテル・マンション建設の大工町再開発に36億円もの税金投入をする。
こうした市政に、水戸市をどうするか、どういう街にするのか、市民の関心が高まるなかでの選挙となりました。

ご支援ご協力をいただいたすべての皆さんに、心から御礼申し上げます。
日本共産党は寄せられた期待に応えて、公約実現に全力を尽くします。

●水戸市長選の結果
当 高橋やすし 49,218票
野村まこと 27,521票
川崎あつし 14,167票
稲葉のぶとし 7,511票

●水戸市議選の結果 (定数28)
当 江尻かな 4,227票(2位)
当 なかにわ次男 2,715票(23位)
当 田中まさき 2,692票(24位)


(「民報みと」2011年5月30日号から転載)

原発から命を守る党を 水戸市長・市議選 小池氏訴え

東日本大震災からの復旧・復興のあり方が問われる水戸市長・市議選は5月29日、投票日を迎えます。
27日には小池晃・日本共産党政策委員長が市内で応援のマイクを握り、「定数が削減される中での激しい選挙です。原発から市民の命を守る共産党の候補を何としても勝たせてください」と訴えました。

日本共産党は市議選で3現職候補の議席確保、市長選での市長候補の勝利を目指します。

小池氏はまず、「各党が原発の問題に口を閉ざす中、東海第2原発の廃炉を訴えているのが共産党です」と、選挙戦の構図を明らかにしました。

小池氏は、半径20キロメートル圏で水戸市民を含めて約71万人が暮らす東海第2原発にある非常用発電機1台が津波で故障するなど「危機一髪」の状況で、IAEA(国際原子力機関)が日本の原発で真っ先に調査に入ったと危険性を告発。
原発の再起動を許さず、自然エネルギーへの転換をすすめる共産党への党派を超えた支持を訴えました。

さらに小池氏は「もう一つ、今度の選挙で他の候補者が言わないのがムダな大型開発の問題」と述べ、自・公・民・社の各党が推進する民間企業のホテル・マンション建設「大工町再開発」への36億円もの税金投入を批判。
ムダな開発をするお金があるなら、震災で損壊した市内約1万8千件の修繕費補助・見舞金制度の創設や、遅れている小・中学校の耐震化など、「住民の命を守る仕事」に力を注ぐべきだと指摘しました。

(2011年5月28日・しんぶん赤旗より転載)

原子力行政 転換求める党 紙議員応援

5月29日投票の水戸市長選(立候補4人)、同市議選(定数28=2減、立候補34人)で、日本共産党の紙智子参院議員(党農民・漁民局長)が24日、党公認の市長候補、3現職市議候補の応援に駆けつけ、街頭から訴えました。

kami

紙議員は「東日本大震災と福島の原発事故を受けて、防災・福祉の街づくりと原子力行政の転換が求められている選挙」と強調しました。

その上で、被災家屋の修繕費補助などの生活再建策や、小・中学校の耐震化を進める市政が求められていると力説。
原発の危険性を指摘してきた日本共産党が、福島第1原発の重大事故による被害補償の一刻も早い実現を要求している事も紹介し、「復旧・復興、防災と福祉最優先の市長を誕生させ、それを支える日本共産党の3市議候補を押し上げて頂きたい」と支持を訴えました。

(2011年5月25日・しんぶん赤旗首都圏版より転載)

原発ゼロの願い 共産党へ 市民のためがんばる党を

東日本大震災で延期していた水戸市長・市議選が5月22日に告示され、市長選は4人が、市議選は定数28(2減)に34人が立候補しました。
日本共産党は、3現職市議候補と市長候補が第一声を上げました。小池晃党政策委員長が駆けつけ、「市民のためにとことん頑張る共産党を何としても勝ち抜かせてください」と訴えました。

20110523


小池氏は、まず選挙の争点として「開発優先の市政を続けるのか」「値上げと福祉切り捨てを続けるのか」「危険な原発を続けるのか」の3つを提起しました。

水戸市が民間企業のマンションやホテル開発への36億円の税金投入を進める一方、市民には住民税や国保税、介護保険料など4年間で42億円値上げし、4人家族で6万円の負担増だと告発。
ムダな再開発への税金投入をやめれば、「被災家屋の修繕費を助成し、小・中学校耐震化も広げられる」と力説しました。

水戸市のほぼ全域が含まれる東海第2原発の20キロ圏内の人口は71万人で、全国で最も多いと語り、「東海原発の廃炉と、原発ゼロへの転換の願いは党派を超えて共産党へ」と呼びかけました。

おしまいに小池氏は、党水戸市議団が震災直後から被災者支援に全力を尽くした事や、子どもの医療費補助拡充、国保税値上げに反対して滞納者の保険証を窓口に留め置くのをやめさせた実績を紹介。

「市民の命・くらしを守る共産党が市議会に必要です。定数減の大激戦を勝ち抜くため、広げに広げてください」と訴えました。

(2011年5月23日・しんぶん赤旗より転載)

復興・防災、福祉の市政へ 水戸市長選・市議選あす告示

保育園の増設や国保証全員発行 党市議団、市政動かす

水戸市長選、同市議選(定数28)が5月22日告示(29日投票)されます。
日本共産党の稲葉のぶとし市長候補、田中まさき、なかにわ次男、江尻かな の3市議候補が必勝を期してたたかいます。

東日本大震災で被災した家屋は、水戸市内で約1万8千棟に及びます。しかし、同市は民間業者がホテルやマンションを建設する市街地再開発事業に総額36億円を補助する一方、一部損壊家屋の修繕には1円も助成しようとしていません。

自民・保守、民主、公明、社民、「みんな」の、日本共産党以外の「オール与党」は、これまでも水戸駅南口開発、赤塚駅北口開発などの事業に500億円もの税金投入をすすめ、住民税や国保税、介護保険料、下水道料金などの値上げ案件にもことごとく賛成するなど、市民に負担増を押しつけてきました。

こうした市政のなかにあっても、日本共産党は市民の切実な要求を実現する立場から、議会で粘り強く取り上げ、保育所増設や国保保険証の全員発行、小学校6年生までの医療費補助などを実現。積極的な提案で、公共下水道の普及率もアップさせてきました。

稲葉市長候補、田中、なかにわ、江尻の3市議候補は、「税金の使い方を変えれば、市民本位の水戸市をつくることが出来る」と強調。被災家屋の修繕費補助や放射能測定体制の強化とデータの公表、東海第2原発の廃炉と太陽光発電への補助金増額、保育所増設、国保税引き下げなどの政策を掲げ、復興・防災、福祉充実の市政への転換を訴えています。

稲葉市長候補、田中・なかにわ・江尻市議候補 決意 決起集会

水戸市長選、同市議選で、日本共産党の稲葉のぶとし市長候補、田中まさき、なかにわ次男、江尻かな の3現職市議候補の勝利を目指す決起集会が19日夜に水戸市内で開かれ、党員・後援会員らが参加しました。

党東部地区委員長が「東日本大震災をきっかけに耐震化や福祉の遅れなど、市政の問題点が噴出した」と述べ、復興・防災、福祉優先の市政への転換を力説しました。

稲葉市長候補は、被災した家屋の修繕費に上限20万円を助成する常陸太田市の例を挙げ、「水戸市には市民の暮らしを応援する気持ちがない」と指摘。
「市長候補4人の中で、『老朽化した東海第2原発を廃炉に』と主張できるのは私しかいない」と強調しました。

3市議候補は「共産党の勝利が他の被災地を励ますことになる」(田中候補)、「他会派議員が本会議中に雑談し、議場をうろつくなどの『学級崩壊』のような議会を変えたい」(なかにわ候補)、「市民の命と安全を守るために、市政と原発推進の流れを変えましょう」(江尻候補)と訴えました。

(2011年5月21日・しんぶん赤旗首都圏版より転載)

★第一声のお知らせ★
5月22日の告示日に第一声を行います。

☆稲葉のぶとし市長候補、なかにわ次男市議候補…午前10時、見川・さくら集会場広場
☆田中まさき市議候補…午前9時30分、城南児童公園前
☆江尻かな市議候補…午前9時30分、笠原・江尻事務所前

★5月22日(日)、小池晃・党政策委員長が応援に来ます★
(小池さんのツイッターもご覧下さい)

☆午後1時30分…渡里・フードオフストッカー前
☆午後2時30分…見川・パワーマート前
☆午後3時10分…河和田団地バスターミナル前
☆午後4時00分…平須・カスミ前
☆午後5時00分…元吉田・パワーマート前
(いずれも予定です。交通事情等によって遅れる・変更する事がございます。)



記事検索
livedoor 天気
プロフィール

oouchikumiko

アクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
日本共産党 茨城県委員会 更新記事
  • ライブドアブログ